スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ξ゚⊿゚)ξ 内藤くんと、津出さんのようです (^ω^ )

ξ゚⊿゚)ξ「ありえない」

( ^ω^)「……ごめん」

ξ゚⊿゚)ξ「っていうか、おかしくない?」

(;^ω^)「……う、ごめんなさい」


ξ゚⊿゚)ξ 「……」 (^ω^ )



ξ#゚⊿゚)ξ「何で、クッキー全部食べちゃうのよ!!!」

(#^ω^)「だから、ごめんなさいって言ってるんだお!」






ξ゚⊿゚)ξ 内藤くんと、津出さんのようです (^ω^ )



続きを読む

スポンサーサイト

(#゚;;-゚)小さな獣は、「蔵の中」のようです

――ちりんと音が鳴った。


視線を上にあげると、そこには風鈴とかいうものが揺れていた。
日の光を浴びて揺れる風鈴は、この世のものではないかのように輝いている。
ちりんちりんとなる音をもっとよく聞こうと、私は耳を澄ます。


(#゚;;-゚)「……きれい」


ちりんという音に混じって、じぃじぃという虫たちの声が響く。
あれは蝉という虫のものだと昔、母さまは言っていた。
もう、蝉の鳴く季節。


(#゚;;-゚)「……夏……だね」


白い箱を抱きしめて、小さな窓を見つめる。
格子の向こうに見える空が、ひどく青い。





(#゚;;-゚)小さな獣は、「蔵の中」のようです



続きを読む

プロフィール

nanashinodareka

Author:nanashinodareka
だいたい行方不明です

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。