スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1レスお題【牛脂】


( ^ω^)「ドクオのやつ飯おごってくれるって言ってたけど、何つくってくれるんだお?
      ドクオの家でってのはあれだけど楽しみだお!」


ピンポーン


('A`)「よう、ブーン。準備はできてるから入ってくれ」

( ^ω^)「おっじゃましまーす! ……って、これは鍋かお?」

('A`)「そうだ、すき焼きだ!」

(*゚ω゚)「おおおおおお、SUKIYAKI!!!」

('A`)「じゃあ、早速行くぜ。まず適当に用意した割り下を投入して……」

(*^ω^)wktk


(#'A`)「そこに牛脂と牛脂と牛脂と牛脂をぶっこむ!!!!」

(;^ω^)て

(#゚A゚)「さらに牛脂! そして、牛脂!!! さらに、牛脂じゃぁぁぁぁぁ!!!」


(; ゚ω゚)「ドクオやめるおー!!!」


( ;A;)「畜生、俺に牛肉をどっさりと変える金があれば! 金さえあればぁぁぁぁ!!!」


スポンサーサイト

1レス短編【煉獄ノ焔】



('A`)「蒼き煉獄の焔よ! 全てを焼きつくし、この哀れなるイケニエを変わり果てた姿に!」

ξ;゚⊿゚)ξ「な、なんてことを……全てを焼きつくすなんてそんな」

川 ゚ -゚)「流石は煉獄のドクオ。
     炎の扱いに関しては奴に並ぶものはいないな……我が白き聖灰もお前の手にはかなうまいて」

(゚A゚)「見るがいい、これが俺の力だぁぁぁっ!!!!」

川 ゚ -゚)「さあ見せてみろ、お前の炎で全てを変えてみせろ!!!」

ξ;>⊿<)ξ「きゃーーーっ!!!」



( ^ω^)「……お前ら、焼肉くらい普通に食うお。
      店員さんが困ってるじゃねーかお」

(;´∀`)「……」

1レス短編【秘密】  ( ゚∀゚)o彡゜(゚、゚トソン


ずっと、内緒にし続けてきたことがある。
これだけは、誰にも言えない。だって、そうしたら私は終わりだから。

  _
( ゚∀゚)「オレたち。もう終わりにしよう」

(゚、゚;トソン「待って、待ってください!!!」
  _
( ゚∀゚)「お前がそんな女だとは、思っていなかったよ。
     もっと前に、素直に話してくれればよかったのに。お前は……」

(;、; トソン「そうじゃない、騙すつもりなんてなかったのよ!」


ほら、こうしてバレてしまえば破滅してしまう。
彼が大切だった。だからこそ、今日一日ずっと秘密にしてきたのに私は――

  _
( ;∀;)「メロンパンでかさ増ししやがって! 何がDカップだよぉぉぉぉ!!!
      せめてパットだったり、豊胸ブラだったらオレもちゃんと見ぬ振りをしたよ!?
      でも、メロンパンってなんだよ!? お笑い芸人だってびっくりだよ!!!」

(;、; トソン「梅雨の長雨と、急なデートでこれしか使えそうなものがなかったのよぉぉぉおお!!!」
  _
( ;∀;)「オレはトソンのおっぱいがちっぱいでも愛せた。
      新聞紙でも、ハンカチでも、ティッシュでもいい! だけど、メロンパンだけはだめなんだ!!」


どうしようもない破局に、私は泣いた。
ブラジャーの隙間からこぼれ落ちた、メロンパンだけが全てを見ていた。

1レス短編【秘密】 (-_-)ζ(゚ー゚*ζ


ζ(゚ー゚*ζ「ねぇねぇ、聞いて聞いて?」

(-_-)「君がそうやって話しかけるときは、大体ろくでもないことだよね」

ζ(゚、゚*ζ「ええー、なにそれ。ひーくんひどーい!」

(-_-)「斜め前の席の男の子がカンニングしてたとか。
     友達の女の子は二股してるとか。誰それと誰それがエッチして子供ができちゃうかもとか。
     スーパーで万引きを見たとか。学校のトイレで煙草の吸殻見つけたとか」

ζ(^ー^*ζ「だってー、ひーくん。口が固いんだもの。
       デレのほかにオトモダチいないし、学校以外はひきこもりだから、バラされる心配がないし」

(;-_-)「……なんで、君みたいのが僕と幼馴染なんだろうね」


ζ(゚ー゚*ζ「でねー、これはみんなには秘密なんだけどー」

(-_-)「また、秘密? どうせ嫌だって言っても話すんだろう、君は」

ζ(゚、゚*ζ「へへー。わかってるなら、邪魔しないでちゃんと聞いてよー」

(-_-)「はいはい」



ζ(^ー^*ζ「デレね、ひーくんのこと大好きなんだけど、知ってた?」



彼女のとっておきの言葉に僕がどう答えたかは、それこそ一生ものの秘密だ。


1レス短編【秘密】 ( ><)( <●><●>)(*‘ω‘ *)



( ><)「そ、そそんなものなんてないんです!
      聞かれたって、僕にはわかんないんです!!」

  _,
(*‘ω‘ *)「あやしい……」

(;´><)「あやしくなんかないんです!!」

(*‘ω‘ *)「……まあ、今日のところは信じてあげてもいいっぽ。
       ビロードはアホだけど、悪いやつじゃないっぽ」

(*><) ホッ


(*‘ω‘ *)「ところで。みかん知らないかっぽ?
       あとで食べようと思って、ここに置いておいたんけど」

(;><)「……え? それは、」

( <●><●>)「それならさっき、ビロード君が食べてましたよ」

(* ω *)「……ほう?」

( 。><)「ワカッテマスくんの馬鹿ァァ!!! 二人だけの秘密だって約束したのにぃぃぃ!!!」

(* ω *)「歯ぁくいしばれや、このちんぽ野郎」


ゲシィ(# ゚ω ゚ *)つ )。><)アベシッ



( <●><●>)「わー、いたそう」
プロフィール

nanashinodareka

Author:nanashinodareka
だいたい行方不明です

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。