スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

('A`)聖夜にサンタがやって来たようです川 ゚ -゚)



川 ゚ -゚)「クリスマスをな、守ってほしいんだ」


そう言ったのは、白いセーラー服を着た女だった。
季節を無視した夏用の制服に、長い真っ黒な髪。
まっすぐにこちらを見つめてくる顔は、芸能人か人形かと思うほど整っていた。


('A`)「――は?」

川 ゚ -゚)「む、聞こえなかったか?
     私は、クリスマスを君に守ってほしいと言ったんだ」


ただひとつ問題があるとすれば、この女とはまったくの初対面ということだ。
初めて見る顔の知らない女。
どう反応していいのかわからず、アホみたいな顔をする俺に向けて、女は再び口にした。


川 ゚ -゚)「そうだな、私はサンタみたいなものだ」


――それは年の瀬の迫る、12月23日の出来事だった。




('A`)聖夜にサンタがやって来たようです川 ゚ -゚)


続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

nanashinodareka

Author:nanashinodareka
だいたい行方不明です

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。