スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1レス短編【秘密】  ( ゚∀゚)o彡゜(゚、゚トソン


ずっと、内緒にし続けてきたことがある。
これだけは、誰にも言えない。だって、そうしたら私は終わりだから。

  _
( ゚∀゚)「オレたち。もう終わりにしよう」

(゚、゚;トソン「待って、待ってください!!!」
  _
( ゚∀゚)「お前がそんな女だとは、思っていなかったよ。
     もっと前に、素直に話してくれればよかったのに。お前は……」

(;、; トソン「そうじゃない、騙すつもりなんてなかったのよ!」


ほら、こうしてバレてしまえば破滅してしまう。
彼が大切だった。だからこそ、今日一日ずっと秘密にしてきたのに私は――

  _
( ;∀;)「メロンパンでかさ増ししやがって! 何がDカップだよぉぉぉぉ!!!
      せめてパットだったり、豊胸ブラだったらオレもちゃんと見ぬ振りをしたよ!?
      でも、メロンパンってなんだよ!? お笑い芸人だってびっくりだよ!!!」

(;、; トソン「梅雨の長雨と、急なデートでこれしか使えそうなものがなかったのよぉぉぉおお!!!」
  _
( ;∀;)「オレはトソンのおっぱいがちっぱいでも愛せた。
      新聞紙でも、ハンカチでも、ティッシュでもいい! だけど、メロンパンだけはだめなんだ!!」


どうしようもない破局に、私は泣いた。
ブラジャーの隙間からこぼれ落ちた、メロンパンだけが全てを見ていた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nanashinodareka

Author:nanashinodareka
だいたい行方不明です

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。