スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川д川貞子は戦うようです 嘘予告編


川д川「遅刻……遅刻……」


私は貞子。フルネームは山村貞子。
私が他の女の子と違う所を挙げるとしたら、魔法が使えることかな?


川д川「どうしよう……まにあわな……い……」


私はポケットから金属製の小箱を取り出すと、それを開いた。
小箱の中には漆黒の多面体が輝いている。
これを使えば、遅刻は避けることが出来る。
ううん。せっかく授かった大切な力をこんなところで使うわけにはいかないわ。

私は小箱をポケットに戻すと、かわりに鞄から朝食用のパンを取り出した。
どうせ、間に合わないのなら、このままのんびり朝食を食べながらいこう。
そう思った時、


川; д川「……わ……っとっと……」


何かがぶつかってきたかのような衝撃。

私は無惨にも体勢を崩し、地面に倒れ込んでしまった。
ああ、私の朝ご飯が地面に落ちてしまう。
私のご飯。私の朝ご飯。おいしいおいしいパンが――。


川;д;川「……私の……ご飯が……」

(;    )「大丈夫っ?!」


帰ってこないパンを嘆く私の前に、そっと手が差し出される。
黒い制服に包まれた男の子の手。私はそっと、その手の持ち主を見上げ、


(;´・ω・`)「ごめん、僕急いでて……。
       大丈夫?怪我してない?そのパンはちゃんと弁償するから」


――恋をした。

吸い込まれそうな黒目がちの瞳、優しい声、心の底から私のことを心配しているその態度。
彼のその姿に、彼のその全てに、私の心がトクントクンと音を立てる。
彼ともっと話したい、彼のことがもっと知りたい。彼はどんな人なんだろう。どんな風にものを考えるんだろう。


川*д川「あっ……あの……」

(;´・ω・`)「これ500円。本当にゴメン!」

川; д川「え……あ……」


呆然と立ちつくす私の目の前を、彼は走り抜けていく。
私は、彼のぬくもりの残る500円玉を、そっと握りしめた。


私が何故、強大な魔法が使えるのか。それには深い理由がある。

私は生まれつき半陰陽と呼ばれる性別だった。
男と女両方の性別を持つ半陰陽。私はそれがずっと疎ましかった。
そのせいかどうかはわからないが、私には友達というものは出来たことが無く、性格も根暗だった。

そんな私が唯一持っていた特技が、超能力。10円玉をほんの少しだけ動かせるくらいのささやかな力。
優れたところが何一つない私は、自分の不思議な力だけを心の支えに生きていた。
私には不思議な力がある。他の人とは違う。だから、私は生きていてもいいのだ。そう、思ってきた。

 _
( ゚∀゚)「超能力?それはねーわwwwwwあと、オッパイwwww」


だけど、私のささやかな力は否定されてしまって……。
心の支えを否定された私が、死を決意したのはある意味当たり前だったとも言える。


川д川「こっくりさん……こっくりさん……
     ……死ぬには……どんな……方法が……いい……です……か?」


自殺することを思いついた私は、こっくりさんにお伺いを立てた。
死ぬのが怖かったからじゃない。自殺初心者の私はこうでもしないと心配で心配で、安心できなかったのだ。
上手く死ぬ方法さえわかれば、死に際くらいは上手くいく。そう思っていた……。


川д川「こっくりさん……こっくりさん……
     …私の……言葉に……応えてください……」


そして、私の前にそれは姿を現わした。


(    )「死にたいのか、女?」

川; д川「え?」


自分の血で書いた五十音の文字、「はい」「いいえ」の言葉、数字、アルファベット。
手にした10円玉と、私の血と文字にまみれた白い髪。


――その上に、それはいた。


私の知る言葉ではとても説明することの出来ない不吉で、奇っ怪で、名状しがたい何か。
四本足の巨大な獣。顔のある場所には何もなく、背には巨大な翼。
尾のあるはずの場所からは蛇が生え、それは体にからみついていた。


(    )「死にたいのか、女?」


それは、その獣は人の言葉で告げた。
いや、そんなはずはない。だけど、私は確かにそれの言葉を、声を、明確な意志を聞いた。


(    )「死にたければその命を捧げよ。我が意に従え。
      お前の矮小な悩みを消し、望みを叶える力をくれてやる」

川д川「悩みが……消え……る?……望みが……叶う……力……?」


宙にふわりと浮いた金属製の小箱。
その中には、


川д川「……黒い」


輝く黒の多面体。
私に力を与えてくれる不思議な、トラペゾヘドロン。

その黒の多面体は私に力を与えてくれる。
その輝きは私の力を引き出してくれる。
私の望みを叶える力、私の体を人とは少し違うそれへと変える不思議な物体。


(    )「我を称えよ。敵は全て滅ぼせ。お前の望みはその先にある」


トラペゾヘドロン。その物体は私の心を漆黒に染め、力を与える。
その力に染められた私は、私ではないみたいで。
魔法のアイテムによって変身する、魔法少女を思い出させた。



私はその日、神に出会った。
あの存在が神でないのならば、他に神などいるはずがない。



川*д川「あの人……同じ制服……着てた……」


私は500円玉を握りしめたまま、彼の走り去っていった方向を見つめていた。
同じ学校の制服。同じ学校。遅刻同士。素敵な素敵な繋がり。
私を馬鹿にした愚かな奴等とは違う優しい、声。優しい姿。優しい態度。


川*ー川「……素敵」

ノハ#゚⊿゚)「朝っぱらから色恋にうつつを抜かすなど愚の骨頂ぉぉおおお!!!」


耳障りな声が、彼へと思いを巡らす私の心を現実へと引き戻した。
ふわふわとした甘い思いを打ち砕く、非現実への呼び声。


ノハ ⊿ )「フングルイ ムグルウナフ クトゥグァ フォーマルハウト」


少女が吼えた。
炎のような赤い髪をたなびかせて、この近くの学校のものではない制服をたなびかせて。


ノパ⊿゚)「ウガア=グアア ナフル タダン!」


炎のような髪の少女の言葉は人には発音できないもの。少女の纏う空気は炎。
それに気づいた私は、ポケットから金属製の小箱を取り出す。


ノハ#゚⊿゚)「イア! クトゥグァ!」

川; д川「――くっ」


少女の体から炎が吹き上がる。それと同時に現われる、炎というものを冒涜したかのようなクリーチャー。
そのクリーチャーは、何故か赤い髪の少女へと襲いかかった。


ノハ;T⊿T)「しまったぁーー!!炎のクリーチャー出ちゃった!!」


自らの身を焼かれながら少女が叫ぶ。
焼けこげながらも少女は、懐からネクロノミコン印の祓い文100%とかかれたペットボトルを取り出す。


ノハ;゚⊿゚)「ヤマンソ死ねっ!成仏しろーーっ!!!」


少女がクリーチャーに気を取られている間に、
私は小箱に入った黒い多面体、輝くトラペゾヘドロンを宙に掲げる。


川д川「イァ! イァ!」


トラペゾヘドロンから生じる心地よい黒。
私の髪は風もないのに舞い上がり、漆黒の輝きから巻き起こる黒が私を染めていく。
黒い翼と三つに分かれた燃え上がる目が私を見て、私に力を力を与える。


川∀川「にゃる・しゅたん! にゃる・がしゃんな! にゃる・しゅたん! にゃる・がしゃんな!」


意味をもたない音の羅列を私は紡ぐ。それは呪文となり、祈りの言葉となる。
クリーチャーに気を取られた少女に、私の髪から影から現われた触手が放たれる。


ノハ;X⊿X)「――くっはっ」


胸ポケットに入れていたシャープペンシルを、少女の目に突き刺す。
それと同時に、私の影が、触手が全ての炎を黒に鎮める為に蠢く。
這い寄る私の影、私の黒、私の憎悪、全てが染まればいいこの漆黒に。


――何て綺麗な黒。


川∀川「くとぅるふ・ふたぐん にゃるらとてっぷ・つがー しゃめっしゅ しゃめっしゅ
     にゃるらとてっぷ・つがー くとぅるふ・ふたぐん 」

ノハ#X⊿゚)「この卑怯者がぁぁぁぁぁっ!!!」


炎なんて要らない。
私が欲しいのは全てを塗りつぶす黒。世界を闇へと沈める力。
私を半陰陽に産んだ世界に、私の力を否定した全てに復讐する力。

普通の女の子になれないのなら、特別な存在になればいい。
特別な存在にすらなれないのならば、バケモノになればいい。全てが無くなれば、私はきっと幸せ。


(;´・ω・`)『大丈夫っ?!』


きっと、彼も私の超能力を不思議な力を馬鹿にする。
そうでなくても、私の裸を見れば目をそらすに決まっている。
だから、だから――


川゚ー川「ねぇ、全てを染めて私のカミサマ。
     真っ黒に染まればきっと何も見えないから、きっと幸せだから」

ノハ# ⊿ )「ああああああああぁぁぁぁぁぁああああああああああ!!!」


全てを染める私の黒。
それさえも焼き尽くそうと燃え上がる、赤い髪の少女の炎。


ノハ#X⊿ )「アタシはこの炎で!腐った世界を!全てを燃やしてみせる!!
      全てを焼いてまっさらな世界で!みんな立上がるんだぁぁぁぁぁぁあああ!!!」

川゚∀川「イァ!全てを黒く!イァ!全てを染めろっ!!!!」


燃える炎、全てを飲み尽くすように広がる混沌たる闇。全ては、全ては―――





この世には、かつて世界を支配した恐ろしい神がいる。
強大な力を持つ神格。その加護と恩恵を受けた人間をある者は「邪神憑き」と呼んだ。
神格の祝福を受けた者たちは、自分の願いを叶えるために、他の邪神憑きと戦う。


('A`)「予言は絶対なんだ。絶対確実の未来
    アイツは幼女との輝かしい絶対の未来を約束してくれた。
    その為に俺は――」


川 ゚ -゚)「初音姉様――ごほん。もとい、アトラク=ナクアの加護を受けた私に勝つつもりか?
     私は――」

川  - )「いや、やめておこう。
      これから殺し合う私たちには関係のない話だな」


貞子の前に、次々と現われる強敵。



川д川「……ジョルジュ……くん……?」
 _
( ゚∀゚)「世界をおっぱいで満たすまで俺は止まらない!」


再会。


( -∀ー)「ムニャムニャ」


深き海の底、海底都市で眠り続ける青年。


(*^ω^)「おっおっ、君は誰だお?」


宇宙の果てで、たゆたうアホ。


ξ#゚⊿゚)ξ「――邪神憑きだけは絶対に許さない」

(*゚ー゚)「私は八百万の一柱。あなた方が言うところの神のうちの一人かしら?」

(#@∀@)「超常現象など、この世には存在しない!科学こそが全てだ!!!」


姿を現わす、新たな勢力。


(´・ω・`)「――僕は彼のことが好きなんだ。
      そのためなら、何だってする。人だって殺してみせる」

川;д川「……あなた……は……」


彼との悲しき対立。



('A`)「ティビ・マグナム・インノミナンドゥム・シグナ・ステラルム」
                                        川 ゚ ー゚)「ありがとう」
 _
( ∀ )「俺は……おっぱいよりもっ!!!」
                                   ξ*^ー^)ξ「ねぇ、       」

(,,゚Д゚)「我らは、しぃ様のために」(゚∀゚*)

                  ノハ#゚⊿゚)「アタシがここで死ぬと思ったら大間違いだぁぁぁっ!!!」

(;@∀@)「ひぃぃぃぃぃいぃ!窓っ、窓にぃ!窓にっ!!!」

                          (*゚-゚)「下郎め。それが目的か」

(^ω^ )「僕は、ずっとずっと待ってたんだお」




                (´・ω・`)「貞子さん。僕は……」

                川;д;川「……ショボン……くん……」





( -∀-)「……」


そして――、


( ・∀・)「さあ、解答編をはじめようじゃないか。内藤」

(^ω^ )「……いいのかお?」

( ・∀・)「もう茶番には飽き飽きだ。
      それに、君たちには聞く権利がある」


戦いの果てに明らかになる真実。


川д川「……嘘よ……嘘……」






(    )「どうせ、死者と自殺志願者たちの集まり。
      せいぜい面白く踊ってくれるがいいさ」

(゚川゚)「……つまらん」

(    )「退屈しのぎになれば、それこそ僥倖」

(゚川゚)「せいぜい楽しい余興を頼むぞ」


(    )「誰が勝つと思う?」

(゚川゚)「この勝負自体何度目だったか?」

(    )「さて、忘れたな」


神格の力を手にした者たちは、死なない。
神格の恩恵を受けた者たちは、死ねない。

それに気づかぬまま、愚かな人は永遠に殺し合い続ける。




願いは決して叶わない。






ノハ#X⊿ )「アタシはこの炎で!腐った世界を!全てを燃やしてみせる!!
      全てを焼いてまっさらな世界で!みんな立上がるんだぁぁぁぁぁぁあああ!!!」

川゚∀川「イァ!全てを黒く!イァ!全てを染めろっ!!!!」



燃える炎、全てを飲み尽くすように広がる混沌たる闇。全ては、全ては―――



川゚д川「獣よ喰らいつくせっ!!!!!」



―――神の手のひらの上



END



クトゥルー神話祭りゲリラ投下作品(リンク先は7×まとめさんの特設ページ)

用意していた短編が間に合わなくて、ついかっとなってやった。
どうしても祭りに参加したかった。今では反省している。

祭りの主催の鋼鉄処女さん、7×さん、参加者の皆さんお疲れ様でした。
デモベ漫画版くらいしか知識のないクトゥルー神話初心者でしたが、楽しかったです。

あくまでも嘘予告編なので本編を書く予定はないです。
期待してくれた人、申し訳ない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

書かないって言ってるのはわかってるがそれでもあきらめられない

No title

うはー、期待されてる。

コメントありがとうございます。
予告編だけのつもりだったので、壮大に大風呂敷広げすぎてしまったので、たたむのが難しいと思います。
ラスボスが絶対倒せないっていう時点でそもそも無理が(ry

収拾つける方法は考えてみますが、おそらく無理なのであまり期待しないで下さい。申し訳ない
プロフィール

nanashinodareka

Author:nanashinodareka
だいたい行方不明です

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。