スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(,,゚Д゚)夜明けは、遠くにあるようです(プチ1レス短編祭り)


(,,; Д)「―‐ぐっ」

体が悲鳴を上げるのを、無理やり押さえつける。
駄目だ。今だけは……今だけは倒れるわけにはいかなかった。


( ‐∀・)「いい加減にあきらめたらどうだい?
      『真夜中』は誰も拒まない。それが、たとえ君のような救いようのない愚か者でもね」

俺が生まれるずっと昔、この世界には昼と夜があったという。
空には太陽と月というものがあり、交代で世界を照らしていた。
それを奪ったのは、目の前に立つこの男――宵闇の化身。
決して明けない真夜中の世界を作り出した、元凶。


(,,‐Д‐)「俺は、『太陽』を手に入れる。
     それが、俺がしぃにしてやれる唯一の償いだ」

俺自身の血で濡れる剣を、握りしめる。
血が流れ過ぎてかすむ視界を、目の前で高らかに笑う男へと向ける。


( ・∀・)「では僕は、君に永遠の夜を与えてあげよう」

(,,#゚Д゚)「永遠の夜に沈むのは貴様だっ、モララーっ!!!」


手にした剣を掲げ、俺は駆けだした。
漆黒の空の向こうで流れ星が落ちるのが、見えた。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nanashinodareka

Author:nanashinodareka
だいたい行方不明です

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。