スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(;´_ゝ`)我が家のペットはおかしいようです(´<_`; )


l从・∀・*ノ!リ人「ペットが飼いたいのじゃー!!!
         ペットがほしいのじゃ――!!」


これが、はじまりで。


 彡⌒ミ
(*´_ゝ`)「よしよし。ちゃんと自分で面倒見るなら、連れてきてあげるよ」


次にこうなって。


(;´_ゝ`)「……」(´<_`;)


その結果、今に至る。
pet.png


( ;゚_ゝ゚)「どうしてこうなったぁぁぁぁぁぁぁl!!!」(゚<_゚ ; )



( ;´_ゝ`)「おいおい、何がどうしてこうなったんだよ」

(´<_`; )「こっちが聞きたい件について」


落ち着け、時に落ち着け俺たち。


( ;´_ゝ`)「父者が連れてきたときはあんなんじゃなかったよな?!」

(´<_`; )「ああ、あの時は確かに普通の鳥だった」


そうそう、写真でいうと何かこんな感じだった
rano17.jpg


( ;゚_ゝ゚)「完全に別物じゃないか!!!
      魔女化とか、カオスの欠片とか、だが男だ。とか、そんなレベルじゃないぞ!!!」

(´<_`; )「よく見ろ、兄者。かろうじて顔に原型がある。
      あと、最近見たアニメにすぐ影響されるのはヤメロ。
      もはや何が元ネタか完全にわからないぞ!」チテイジンティーシャツトカ


だって、怖いんだもん!



l从・Д・ノ!リ人「あーー! おっきい兄者とちっちゃい兄者がクックルをいじめてるのじゃ!」

(;´_ゝ`)「い、妹者」

l从・∀・#ノ!リ人「妹者はクックルのちっちゃい姉者なのじゃ。
         クックルをいじめたら、おっきい兄者やちっちゃい兄者でもめっなのじゃ!!」


ああ、俺は妹者にめっされたい。


(´<_` )「時に落ち着け、妹者。
      俺たちはクックルをいじめているわけじゃないぞ」

l从・~・ノ!リ人「むぅー、でもクックルが」

pet2.png

从・∀・;ノ!リ人「悲しみのポーズをとってるのじゃ」

(゚<_゚ ; )。o(悲しみのポーズこれぇぇぇぇぇ!!!)


妹者のめっはかわいいんだろうなぁ。
畜生、どうして妹者は妹なんだろうなぁ。でも、妹だからきっとこれはカワイイんだろう。


コソッ(´<_`;)「おい、兄者しっかりしろ。
         俺ではとてもじゃないが、ツッコミが追いつかん」

(*´_ゝ`)「妹ルートっていいよね、弟者」

(゚<_゚ ; )「しっかりしろぉぉぉ、兄者ぁぁぁぁ!!!!」


失敬な。俺はいつもしっかりしているというのに、弟者というやつは。
弟というやつはとにかく、兄の心というものをまったく理解してないな。うん。


l从・~・;ノ!リ人「なんか、ちっちゃい兄者が変なのじゃ」

( ´_ゝ`)「ちがうぞ、妹者。弟者はいつも変なやつなんだぞ」

l从・∀・;ノ!リ人「そ、そうなのじゃ?」


ああ、妹者はマジぷりきゅんだなぁ。
ここは生意気な弟者をちょっとこらしめる意味でもいろいろと。


(*´_ゝ`)「弟者はなぁー、年上好きでベットの下には」

(´<_`#)「黙れ、この馬鹿兄者!! ロリコン、ペド、ド変態!!
      だいたい、いつも変なのは兄者の方じゃないか。
      兄者のせいで、俺がどれだけ苦労していると思ってるんだ!!」



(#´_ゝ`)つ「なんだとぉ!!!」⊂(´<_`#)



l从・Д・;ノ!リ人「やめるのじゃ!!」


止めるな、妹者。
男にはやらねばならぬ時があるのだ。


(#´_ゝ`)つ「誰がいつお前に迷惑をかけた、え?!」

⊂(´<_`#)「いつもだよ、飯に人参が出たときとか、家に体操服忘れたときとか!」


l从;∀;ノ!リ人「ケンカする兄者たちなんか、だいっキライなのじゃぁぁぁ!!!!」


(#´_ゝ`)つ「え?」⊂(´<_`#)



l从;∀;ノ!リ人 三ダッ



( ;´_ゝ`)「あ、妹者……」

(´<_`; )「……」


妹者が泣いた。
いつもはあんなに笑顔なのに。
俺達がくだらないことで、殴り合おうとしたばっかりに……。


( <_ ;)「ああ、俺ってやつはどうしてこう、すぐカッとなるんだ」

(;´_ゝ`)「いや、今のは俺が悪かった。すまん、弟者」

(´<_`;)「いやいや、俺の方が」



( ゚∋゚)「そう思うなら、妹のもとにいってやれ。兄貴なんだろ?」

(;´_ゝ`)「クックルっ!!!」(´<_`;)


クックルが人型だとか、不審者とか、しゃべったとか、無駄に漢前だったとか。
そんなことはもう、どうでもよかった。


(*´_ゝ`)b「ありがとう、クックル」

(´<_`*)「恩に着る!」


クックルは、俺達が兄貴であるということを気づかせてくれた。
それなのに、見た目こだわりあまつさえ怖がった俺達の何と矮小なことか。


( ゚∋゚)bグッ


クックルはおかしくなんかない。
誰よりも妹者のことを思う、偉大なペットだった。


(;´_ゝ`)「妹者っ!!!」(´<_`;)


l从;∀;ノ!リ人



「ごめん」








(*´_ゝ`)「――と、言うことがあったんだよ。なー、妹者」

l从・∀・*ノ!リ人「えへへー、もうケンカしちゃめっなのじゃよ」


(´<_` )「おお、そうだ。
      クックルは何を食べる?」

( ゚∋゚)ニク


今ではクックルも大切な家族。

なぜなら

彼もまた、特別な存在だからです



∬;´_ゝ`)「いやいや、そのオチはおかしいでしょ」




              (*´_ゝ`)( ゚∋゚)おわりl从・∀・*ノ!リ人(´<_`*)

∬;´_ゝ`)マア イイカ




( ^ω^)*゚⊿゚)ξ< GW! 感想&絵祭り! >('A`(゚- ゚ 川(ここから先のリンク元はブーン系小説総合スレ 【 イラスト+α 】 まとめ様)
プチラノベ祭り参加作品 同まとめさんのこちらでもまとめてもらっています

No.17の素敵なイラストで書かせて頂きました。
ありがとうございます!
問題があれば対応させて頂きます。

ネタの鮮度が落ちてる&まとめの関係で投下したバージョンとは一部文章が違っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nanashinodareka

Author:nanashinodareka
だいたい行方不明です

最新記事
検索フォーム
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。